ブログを仕事にするQ&Aガイドをプレゼント【無料メール講座はこちらから】

簡単!robots.txt によりブロックされましたが、インデックスに登録しましたの対処方法

Google Search Console Teamから「カバレッジで問題が検出されました」とメールが届き、カバレッジの問題を解決しなければいけなくなってしまった・・・

問題の内容を確認してみると、「robots.txt によりブロックされましたが、インデックスに登録しました」とのこと。

「どういうこと?どうやって、この問題を解決すればいいの?」とお困りの方に、「robots.txt によりブロックされましたが、インデックスに登録しました」意味や簡単な対処方法をご紹介していきます。

目次

「robots.txt によりブロックされましたが、インデックスに登録しました」とは、どういう意味?

Google Search Console Teamから「カバレッジで問題が検出されました」と、突然のメール。

主な警告内容には

「robots.txt によりブロックされましたが、インデックスに登録しました」と記載。

グーグルサーチコンソールにおいても、左メニュー部分の「カバレッジ」を選択すると、「有効(警告あり)」の欄に件数がカウント。

そして、下部の詳細欄にも「robots.txt によりブロックされましたが、インデックスに登録しました」と警告が表示されていることでしょう。

この問題を解決する前に、そもそも「robots.txt によりブロックされましたが、インデックスに登録しました」とは、どういう意味なのでしょうか?

robots.txtとは?

robots.txt ファイルは、「サイトの中の、どのURLにアクセスして良いか?」を検索エンジンのクローラーに伝えるもの。

収集されたくないコンテンツに対して、クロールされないように制御することができる。

つまり、「robots.txt によりブロックされましたが、インデックスに登録しました」とは、robots.txtファイルによってクロールされないように阻止されていたが、Googleにインデックスされたという意味。

このような状態が起きている場合は、他のサイトで、自分が書いた記事の内部リンクが貼られていてインデックスされた可能性が高いです。

「robots.txt によりブロックされましたが、インデックスに登録しました」の対処方法は?

「robots.txt によりブロックされましたが、インデックスに登録しました」と警告が出た際の対処方法について、見ていきましょう。

Google Search Console Teamから届いたメール内容を確認すると、「警告は、サイト改善のための推奨項目。警告によっては、検索結果の表示に影響がある場合がございます。」とのこと。

「問題をできる限り解決することをおすすめいたします。」と記載がありますので、対処することが必須ではありませんが、グーグルはなるべく問題を解決することをお勧めしています。

ほとんどの場合が、「記事をインデックスしたいのに、この警告が出てしまった」というケースが多いかと思いますので、ここではインデックスしたい場合の対処方法について解説していきます。

対処方法としては、robots.txtのブロックを解除すると問題がなくなります。

https://support.google.com/webmasters/answer/6062598?hl=jaから、「robots.txtテスターを開く」をクリック。

下部の青枠部分にテストをしたいURLを入力し、赤色の「テスト」をクリック。

「テスト」ボタンが「 許可」に変わればOK!

ここで「ブロック済」ではなく、「許可」と表示されていれば、入力したURLがGoogleのウェブクローラにブロックされずにインデックスされていることになります。

また、URL入力部分の上の「エラー数、警告数」が共に0になっているかどうかを確認。

これらの確認が終われば、Google Search Consoleの左メニューの「カバレッジ」を選択して、下部の詳細部分をクリック。

すると、以下の画面に変わりますので

「修正を検証」をクリックすると、検証が開始されます。

検証は数日かかりますので、Googleの結果が出るまで待ちましょう。

検証結果はGoogle Search Consoleの左メニューの「カバレッジ」ページで、警告内容が消えていれば問題解決です!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる